国際誌(査読付)

Hasegawa-Ohira M, Suguri K, Nomura S. 「The dehydroepiandrosterone awakening response as a possible index of subjective sleep quality」, 『Advanced Biomedical Engineering』, 5, pp.132-136, 2016

 

Matsuo M, Masuda F, Sumi Y, Takahashi M, Yamada N, Hasegawa-Ohira M, Fujiwara K, Kanemura T, Kadotani H. 「Comparisons of Portable Sleep Monitors of Different Modalities: Potential as Naturalistic Sleep Recorders」,『Frontiers in Neurology』,http://dx.doi.org/10.3389/fneur.2016.00110, 2016

 

Kanemura T, Kadotani H, Matsuo M, Masuda F, Fujiwara K, Ohira M, Yamada N.「Evaluation of a portable two-channel electroencephalogram monitoring system to analyze sleep stages」,『Journal of Oral Sleep Medicine』,2(2), pp.101-108, 2016

 

Toda M, Den R, Hasegawa-Ohira M, Morimoto K. 「Effects of woodland walking on salivary stress markers cortisol and chromogranin A.」, 『Complementary Therapies in Medicine』, 21(1), pp.29-34, 2013

 

Nomura S, Hasegawa-Ohira M, Kurosawa Y, Hanasaka Y, Yajima K, Fukumura Y. 「Skin Temperature as a Possible Indicator of Student’s Involvement in e-Learning Sessions」, International Journal of Electronic Commerce Studies 』, 3(1), pp.101-110, 2012

 

Nomura S, Hasegawa-Ohira M, Yajima K, Handri S, Fukumura Y. Evaluating the Attitude of a Student in e-Learning Sessions by Physiological Signals, International Journal of Computer Information Systems and Industrial Management Applications, 4, pp.101-108, 2012

 

Hasegawa-Ohira M, Toda M, Morimoto K. Stress Hormone Levels in Saliva after Shogi Competition are modified by Stress Coping, Environmental Health and Preventive Medicine, 16(6), pp.369-374, 2011

 

Hasegawa-Ohira M and Nomura S. THE EFFECT OF THE ODOR OF ISOVALERIC ACID AND JAPANESE CYPRESS ON HUMAN IMMUNE AND ENDOCRINE SECRETION – A PRERIMINALY STUDY, Journal of Medical Informatics & Technologies, 17, pp.167-172, 2011

 

Itoh H, Weng Z, Saito H, Ogawa Y, Nakayama K, Hasegawa-Ohira M,  Morimoto K, Maki S, Takahashi M. Association between night-shift work and serum 25-hydroxyvitamin D levels in Japanese male indoor workers: a cross-sectional study」, 『INDUSTRIAL HEALTH, 49(5), pp.658-662, 2011

 

Den R, Toda M, Ohira M, Morimoto K. Levels of awakening salivary CgA in response to stress in healthy subjects., Environmental Health and Preventive Medicine, 16(3), pp.155-157, 2011

 

Toda M, Den R, Hasegawa-Ohira M, Morimoto K. Influence of personal patterns of behavior on the effects of Tai Chi: a pilot study, Environmental Health and Preventive Medicine, 16(1), pp.61-63, 2011

 

Itoh M, Nanba N, Hasegawa M, Inomata N, Kondo R, Oshima M, Takano-Shimizu T. Seasonal changes in the long-distance linkage disequilibrium in Drosophila melanogaster., The Journal of heredity, Jan-Feb;101(1), pp.26-32, 2010

 

Hasegawa M, Toda M, Morimoto K. Changes in salivary physiological stress markers associated with winning and losing, Biomedical research, Feb;29(1), pp.43-46, 2008

 

 

国内誌(査読付)

井澤修平,吉田怜楠,大平雅子,山口歩,野村収作.「爪に含まれるコルチゾールの定量手法の検討―粉砕粒度と抽出時間の検討―」,『生理心理学と精神生理学』(早期公開

 

大平雅子,吉田怜楠,山口歩,井澤修平,本多元,野村収作.「毛髪に含まれるストレスバイオマーカー抽出量に及ぼす抽出時間および粉砕手法の影響」,『生理人類学会誌』,22(3), pp.153-159, 2017.

 

 

大平雅子,松崎有純,藤本理沙子,野村収作.「唾液中テストステロンによる小中学校教員のストレス評価」,『日本感性工学会論文誌』,15(4), pp.479-484, 2016.

 

大平雅子,高原円,佐藤誠也,藤川豊成,伊藤兼敏,野村収作.「就寝中のラベンダー呈示が起床後の唾液中コルチゾール分泌に及ぼす影響」,『生体医工学』, 52(6), pp.282-287, 2014.

 

大平雅子,高原円,伊藤兼敏,野村収作.「就寝中の香り呈示が起床後の唾液中コルチゾールに及ぼす影響に関する予備的検討」,『日本味と匂学会誌』,21(1), pp.69-76, 2014

 

大平雅子,伊藤兼敏,野村収作.「覚醒系の香り刺激が起床時のコルチゾール分泌に及ぼす影響」,『電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)』,133(6), pp.1277-1278, 2013

 

野村収作,大平雅子,鈴木健太,野崎綾子,吉川泰生,佐藤利幸.「微細針穿孔法による起床時コルチゾール反応の経皮的な評価」,『ライフサポート』,24(2), pp.48-55, 2012

 

大平雅子,須栗一路,野村収作.「唾液中CortisolsIgA,α‐amylase濃度の睡眠時変化特性」, 『生体医工学』, 49(6), pp.798-804, 2011

 

鈴木健太,大平雅子,野崎綾子,内山尚志,吉川泰生,佐藤利幸,野村収作.「生体液中コルチゾールの経皮的な定量の試み」, 『電子情報通信学会論文誌』, 95(1), pp.162-165, 2012

 

大平雅子, 戸田雅裕, 田麗, 森本兼曩.太極拳が精神的・身体的健康度に及ぼす効果」, 『日本衛生学雑誌』, 65(4), pp.500-505, 2010

 

 

学会発表

国際学会

H. Ohira M, Kato M, Nomura S. "Effects of LED lighting exposure during sleep on endocrine and autonomic nervous system activity", The 8th Lux Pacifica, 2018.03.07, Tokyo(Japan).

 

H. Ohira M, Marumo A. "EFFECTS OF LISTENING TO MUSIC PRIOR TO NAPPING ON ENDOCRINE AND AUTONOMIC

NERVOUS SYSTEM ACTIVITY", World Sleep 2017, 2017.10.10, Prague(Czech Republic).

 

H. Ohira M, Tsuji R, Matsuo M, Kanemura T, Kadotani H. "Association between variations in salivary cortisol secretion during sleep and subjective daytime sleepiness", 23rd Congress of the European Sleep Research Society(ESRS2016), 2016.09.15, Bologna(Italy). 

 

H. Ohira M, Sakamoto T, Ichikawa T, Ito K, Nomura S. "Enhancement of Sympathetic Nervous System Activation by Orange Aroma Inhalation during Sleep", The 17th International Symposium on Olfaction and Taste, p.43, 2016.6.6, Yokohama(Japan).

 

Ito K, Maeyama K, Nakachi M, Lekamalage Sugeeswari Lekamge, H. Ohira MNomura S, "Suppression of Physiological Stress Response under a Short-term Calculation Task by Orange Essential Oil", The 17th International Symposium on Olfaction and Taste, p.93, 2016.6.7, Yokohama(Japan).

 

Nomura S, Sato M, Fujikawa T, Takahara M, H. Ohira M, Ito K. "A pilot study olfactory evoked potential during sleep with jasmine and lavender", The 17th World Congress of Psychophysiology (IOP2014), 『International Journal of Psychophysiology』, 94, p.227, 2014.09.25, Hiroshima(Japan).

 

Takahara M, H. Ohira M, Ito K, Nomura S. “First-night effect on heart rate variability and salivary cortisol secretion”, The 22nd Congress of the European Sleep Research Society (ESRS2014), 『Journal of Sleep Research』, 23(Suppl.1), p.86, 2014.9.15, Tallinn (Estonia).

 

H. Ohira MTakahara M, Sato M, Fujikawa T, Ito K, Nomura S. "The effect of inhalation of lavender and jasmine essential oils on salivary cortisol secretion during sleep and awakening", 44rd Annual Meeting of the International Society of Psychoneuroendocrinology (ISPNE2014), P-57, 2014.08.21,Montreal(Canada).

 

H. Ohira M, Ito K, Nomura S. "SUPPRESSION OF SALIVARY CORTISOL SECRETION BY AN EXPOSURE OF ALERTING ODORANT DURING SLEEP", SOCIETY FOR PSYCHOPHYSIOLOGICAL RESEARCH (SPR) 53rd Annual Meeting, 2013.10.2, Florence(Italy).

 

Nomura S, Suguri K, Ohira M"An impact of the awakening on the secretion of the HPA- and the SAM-related substances in saliva", 43rd Annual Meeting of the International Society of Psychoneuroendocrinology (ISPNE), 2013.08.21, Leiden(The Netherlands). –with acceptance rate: 75%

 

Ohira M, Takahara M, Ito K, Nomura S. "The effect of lavender inhalation on salivary IgA and cortisol secretion after awakening", 43rd Annual Meeting of the International Society of Psychoneuroendocrinology (ISPNE), 2013.08.21, Leiden(The Netherlands). –with acceptance rate: 75%

 

Nomura S, H.Ohira M, Fujikawa T, Ito K. "Increased cortisol secretion after awakening following lavender inhalation during sleep", AChemS 2013 Annual Meeting, 2013.04.19, Huntington Beach, CA (USA).

 

Ohira M, Suguri K, Nomura S. "Variations in the Secretion of Salivary DHEA after Awakening and its Association with Subjective Sleep Quality", 12th International Congress of Behavioral Medicine "Psychophysiological Disorders and Sleep", 『International Journal of Behavioral Medicine』, 19(Suppl 1), S61, 2012.08.29, Budapest(HUNGARY).

 

Nomura S, Ito K, C.M.AlthaffIrfan, Hasegawa-Ohira M. "Alleviation of the Stress-induced hypothalamuspituitary- adrenal (HPA) System Enhancement by Blue Color", 12th International Congress of Behavioral Medicine "STRESS/Psychophysiology/PNI/PNE", 『International Journal of Behavioral Medicine』, 19(Suppl 1), S71, 2012.08.29, Budapest(HUNGARY). 

 

Hasegawa-Ohira M, Suguri K, Nomura S. "VARIATIONS IN THE SECRETION OF SALIVARY CORTISOL, IMMUNOGLOBULIN A, AND DHEA WHILE ASLEEP AND AFTER AWAKENING, AND ITS ASSOCIATION WITH PSYCHOLOGICAL SLEEP CONDITION", American Psychosomatic Society 70th ANNUAL SCIENTIFIC MEETING "SYMPTOMS AND PATIENT REPORTED OUTCOMES", 『Psychosomatic Medicine』,74(3), 2012.03.17, ATHENS (GREECE).

 

Nomura S, Morishima M, Migita M, Mizuno T, Kanagawa A, Nozawa A, Suzuki I, Izawa S, Imai J, Hasegawa-Ohira M. "VARIATIONS IN SALIVARY SECRETED HORMONES AND IMMUNE SUBSTANCES OF MALE UNIVERSITY STUDENTS DURING THEIR FINAL EXAMINATIONS", American Psychosomatic Society 70th ANNUAL SCIENTIFIC MEETING "SYMPTOMS AND PATIENT REPORTED OUTCOMES", 『Psychosomatic Medicine』, 74(3), 2012.03.17, ATHENS (GREECE).

 

Nomura S, Hasegawa-Ohira M, Hanasaka Y, Ishiguro T, Ogawa H. "Identification of Human Pulse Waveform by Silicon Microphone Chip", Proc. 2011 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, pp.1145-1150, 2011.10.10, Anchorage (USA). –with acceptance rate: 65%

 

Nomura S, Hanasaka Y, Hasegawa-Ohira M, Ishiguro T, Ogawa H. Human pulse wave measurement by MEMS-ECM Sensor,Proc. IADIS International Conference Interface and Human Computer Interaction 2011, pp.486-488, 2011.7.24, Rome (Italy).

 

Morimoto K, Oh-hira M, Suda-Tamura M, Nakayama K. "Endocrinological and Brain-functional Responses to Working-Stress and Its Emotional Music-Modification", International Symposium on Occupational and Environmental Allergy and Immune Diseases 2010 (ISOEAID’10), 2010.04, Kyoto (Japan).

 

 

国内学会

大平雅子,横江顕彦,五十棲計.「クーリングダウンの実施が睡眠の質や翌日の疲労感に及ぼす影響」,『日本睡眠学会第43回定期学術集会』,札幌市,2018年7月13日(ポスター発表)

 

Hasegawa-Ohira M, Kato Y, Nomura S.「Effects of LED lighting exposure during sleep on endocrine and autonomic nervous system activity」,『生体医工学シンポジウム2017』,上田市,2017年9月16日(ポスター発表)

 

大平雅子,丸茂亜美.「短時間仮眠前の音楽聴取が仮眠の質に及ぼす影響」,『日本睡眠学会第42回定期学術集会』,横浜市,2017年6月29日(ポスター発表)

 

大平雅子,増田翔太,奥田援史,矢田幸博.「幼児における日中活動量と睡眠中の生理指標及び起床後の唾液バイオマーカーとの関連性」,『第13回子ども学会議』,浜松市,2016年10月8日(ポスター発表)

 

大平雅子,Fang Jang,小林岳海,市橋拓郎,野村収作.「昼寝時における唾液中性化学物質濃度の変動」,『第25回日本睡眠環境学会学術大会』,栃木県,2016年9月29日(口頭発表)

 

Hasegawa-Ohira M, Suguri K, Nomura S.「The dehydroepiandrosterone awakening response as a possible index of subjective sleep quality」,『生体医工学シンポジウム2016』,旭川市,2016年9月18日(ポスター発表)

 

大平雅子,辻旅歩,松尾雅博,加根村隆,角谷寛.「睡眠中のコルチゾール濃度と日中の眠気との関連」,『日本睡眠学会第41回定期学術集会』,東京都,2016年7月8日(ポスター発表)

 

大平雅子,吉田怜楠,山口歩,井澤修平, 野村収作.「毛髪に含まれるコルチゾールの定量分析条件の検討」,『日本生理人類学会第73回大会』,大阪市,2016年6月4日(口頭発表)

 

大平雅子吉田怜楠,山口歩,井澤修平, 野村収作.「爪に含まれるコルチゾールの定量分析条件の検討」,『第86回日本衛生学会学術総会』,旭川市,2016年5月13日(口頭発表)

 

吉田怜楠,山口歩,大平雅子,井澤修平, 野村収作.「爪に含まれるストレス・ホルモンの抽出手法の検証」,『第11回日本感性工学会春季大会』,神戸市,2016年3月27日(ポスター発表)

 

大平雅子,松崎有純,藤本理沙子,野村収作.「唾液中テストステロンによる小中学校教員のストレス評価」,『第11回日本感性工学会春季大会』,神戸市,2016年3月27日(口頭発表)

 

大平雅子,伊藤兼敏,野村収作.「就寝中の香り提示が自律神経系および内分泌系に及ぼす影響」,『計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2015』,函館市,2015年11月18日(ポスター発表)

 

大平雅子,松崎有純,藤本理沙子,野村収作.「テストステロンによる教員の生理ストレス評価」,『生体医工学シンポジウム2015』,岡山市,2015年9月25日(ポスター発表)

 

大平雅子,仲地眞早,前山賢人,伊藤 兼敏,野村収作.「オレンジ精油における生理的ストレス反応の抑制効果」,『日本味と匂学会第49回大会』,岐阜市,2015年9月25日(ポスター発表) 

 

大平雅子,坂本卓磨,市橋拓朗,小林岳海,伊藤兼敏,野村収作.「睡眠時の自律神経活動におけるオレンジ精油の効果」,『第24回日本睡眠環境学会学術大会』,大阪市,2015年9月11日(口頭発表)

 

大平雅子.「就寝中の香り提示が内分泌系に及ぼす影響」,『日本睡眠学会第40回定期学術集会』,宇都宮市,日本睡眠学会第39回定期学術集会プログラム・抄録集, P.125, 2015年7月2日(シンポジスト:睡眠と環境:環境による睡眠への影響と、その生理機能解析

 

大平雅子,須栗一路,野村収作.「起床時DHEA反応と主観的な睡眠の質との関連」,『日本睡眠学会第40回定期学術集会』,宇都宮市,日本睡眠学会第39回定期学術集会プログラム・抄録集, P.256, 2015年7月3日(ポスター発表)

 

大平雅子,藤本理沙子.「中学生におけるインターネット依存と睡眠習慣の関連」,『第62回近畿学校保健学会』,奈良市, 第62回近畿学校保健学会講演集, p.35, 2015年6月27日(口頭発表)

 

大平雅子「唾液中のホルモンを用いた睡眠様態の評価」,『第11回日本疲労学会総会・学術集会』,山口市,日本疲労学会誌, Vol.11(1), p.54, 2015年5月16日(シンポジスト:ストレス・疲労の客観的評価)

 

高原円,佐藤誠也,藤川豊成,大平雅子,伊藤兼敏, 野村収作.「香り刺激を用いた睡眠中の事象関連電位の予備的検討」,『第44回日本臨床神経生理学会学術大会』,福岡市,第44回日本臨床神経生理学会学術大会プログラム・抄録集, p.299, 2014年11月19日(ポスター発表)

 

大平雅子,野村収作.「長期インターンシップ従事者の生理・心理ストレス評価―新卒者が経験する心身ストレスのモデル・スタディとして」,『日本ストレス学会学術総会第30回記念大会』,東京都,学会誌ストレス科学, Vol.29(2), p.221, 2013年11月8日(口頭発表)

 

大平雅子,高原円,佐藤誠也,藤川豊成,伊藤兼敏,野村収作.就寝中のラベンダー呈示が起床後の唾液中コルチゾール分泌に及ぼす影響」,『生体医工学シンポジウム2014』,東京都,生体医工学シンポジウム2014講演予稿集, p.67, 2014年9月26日(ポスター発表)

 

大平雅子,正田理沙子.「中学生におけるインターネット利用状況と睡眠習慣の関連」,『第61回近畿学校保健学会』,大阪府, 第61回近畿学校保健学会講演集, p.38, 2014年7月5日(口頭発表)

 

正田理沙子,大平雅子.「睡眠の質に着目した保健指導の実践と評価」,『第61回近畿学校保健学会』,大阪府, 第61回近畿学校保健学会講演集, p.37, 2014年7月5日(口頭発表) 

 

岡村波留奈,赤澤まい,大川尚子,平田まり,野口法子,大平雅子,正田理沙子,倉恒弘彦.「児童生徒の睡眠と疲労に関する調査研究」,『第61回近畿学校保健学会』, 大阪府, 第61回近畿学校保健学会講演集, p.36, 2014年7月5日(口頭発表)

 

大平雅子,高原円,佐藤誠也,藤川豊成,伊藤兼敏,野村収作.「就寝中の香り呈示が唾液中コルチゾールに及ぼす影響」,『日本睡眠学会第39回定期学術集会』,徳島市,日本睡眠学会第39回定期学術集会プログラム・抄録集, p.203, 2014年7月3日(アブストラクト・シンポジウム選出) 

 

高原円,大平雅子,佐藤誠也,藤川豊成,佐久間裕貴,伊藤兼敏,野村収作.「自律神経系および内分泌系における第一夜効果の評価」,『日本睡眠学会第39回定期学術集会』,徳島市,日本睡眠学会第39回定期学術集会プログラム・抄録集, p.252, 2014年7月4日(ポスター発表)

 

大平雅子,松崎有純,正田理沙子,宮尾ゆい.「主観的指標および客観的指標を用いた教員のストレス評価:男女による比較検討」,『第84回日本衛生学会学術総会』,岡山市,日本衛生学雑誌Vol.69 第84回学術総会講演集号, S227, 2014年5月26日(ポスター発表)

 

佐藤誠也,藤川豊成,伊藤兼敏,高原円,大平雅子,野村収作.「就寝中のラベンダー提示が内分泌に及ぼす影響」,『第2回Ambient Feedback System研究会』,東京都,2014年3月14日(口頭発表)

 

大平雅子,松崎有純,正田理沙子,宮尾ゆい.「ソーシャルサポートが教員の唾液中ストレス関連ホルモンに及ぼす影響」,『第2回Ambient Feedback System研究会』,東京都,2014年3月14日(招待講演)

 

大平雅子,正田理沙子.「子どもの睡眠様態評価に関する予備研究」,『第41回滋賀県学校保健学会』一般講演,大津市,第41回滋賀県学校保健学会開催要項, 2014年2月4日(一般講演)

 

大平雅子,松崎有純,正田理沙子,宮尾ゆい.「主観的指標および客観的指標を用いた教員のメンタルヘルス評価に関する予備的検討」,『第60回日本学校保健学会』, 東京都, 学校保健研究, Vol.55 Suppl. O-174, p.167, 2013年11月17日(口頭発表)

 

大平雅子. 「ソーシャルサポートが教員の唾液中ストレス関連ホルモンに及ぼす影響」,『第29回日本ストレス学会学術総会』, 徳島学会誌ストレス科学, Vol.28(2), p.233, 2013年11月9日(口頭発表)

 

大平雅子,加藤吉宗,須栗一路,野村収作. 「LED照明介入下における就寝中のメラトニン分泌」,『第46回照明学会全国大会』, 名古屋市, 平成25年度(第46回)照明学会全国大会講演論文集(CD-ROM, 9-9, 201396

 

野村収作,伊藤光一,大平雅子. 「色環境がホルモン分泌に及ぼす影響―HPA系とSAM系のストレス反応における対比―」,『第46回照明学会全国大会』, 名古屋市, 平成25年度(第46回)照明学会全国大会講演論文集(CD-ROM, 8-9, 201395

 

大平雅子,須栗一路,野村収作. 「睡眠時における唾液中生化学物質の変動と心理指標との関連」,『生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2013LIFE2013)』, オーガナイズドセッション, OS3-3:ストレスの可視化とその回復支援, 甲府市, 講演要旨集, p.61, 20139月4日(口頭発表)

 

大平雅子,正田理沙子.「子どもの睡眠様態評価に関する予備研究」,『第60回近畿学校保健学会』,神戸市,第60回近畿学校保健学会講演集, P.33, 2013年7月7日(口頭発表)

 

大平雅子,高原円,伊藤兼敏,野村収作.「睡眠中のラベンダーの香り呈示が起床時のコルチゾール分泌に及ぼす影響」,『日本睡眠学会第38回定期学術集会』, 秋田市, 日本睡眠学会第38回定期学術集会プログラム・抄録集, p.178, P-031, 2013627日(ポスター発表)

 

野村収作,大平雅子,吉川泰生,佐藤利幸.「細針技術によるストレス関連ホルモンの経皮的評価」,『第28回日本ストレス学会学術総会』,札幌市,学会誌ストレス科学Vol.27(2), p.249, N-3, 2012年12月1日(口頭発表)

 

大平雅子,伊藤兼敏,野村収作.「香り刺激が睡眠時のコルチゾール分泌に及ぼす影響の検証」,『第28回日本ストレス学会学術総会』,札幌市,学会誌ストレス科学, Vol.27(2), p.220, E-1, 2012年11月30日(口頭発表)

 

野村収作,山口歩,大平雅子.「毛髪・爪からのコルチゾールの定量手法の検討」,『生活生命支援医療福祉エ学系学会連合大会2012』LIFE2012, 名古屋, 2012年11月3日(口頭発表)

 

大平雅子.「唾液ホルモンによる睡眠様態の理解」,『日本心理学会第76回大会』ワークショップ 「睡眠への心理生物学的アプローチ」,東京,2012年9月13日(話題提供)

 

大平雅子,須栗一路,野村収作.「睡眠時における唾液中生化学物質濃度の変動と睡眠感との関連―IgA、DHEA-Sによる検討」,『第82回日本衛生学会学術総会』,京都,日本衛生学雑誌, Vol.67(2), P-063, p.321, 2012年3月25日(ポスター発表)

 

加藤吉宗,須栗一路,大平雅子,野村収作.「唾液の経時的採集による睡眠時の唾液メラトニン分泌の検証」,『平成23年度日本生理人類学会研究奨励発表会(関東地区)』,東京,平成23年度日本生理人類学会研究奨励発表会資料, 3-6, p.6, 2011年12月17日

 

大平雅子,須栗一路,野村収作.「睡眠時における唾液中IgA濃度と睡眠感との関連」,『第27回日本ストレス学会学術総会』,東京,学会誌ストレス科学, Vol.26(2), p.218, 201111月19日(口頭発表)

 

大平雅子,須栗一路,野村収作.「睡眠時における唾液中DHEA-S濃度と主観的ストレス感との関連」,『日本睡眠学会第36回定期学術総会』,京都,日本睡眠学会第36回定期学術集会プログラム・抄録集, PJ-022, p.168, 201110月15日(ポスター発表)

 

大平雅子,須栗一路,野村収作.「唾液ホルモンによる睡眠様態の理解」,『心身ストレスに関する学術研究集会2011 -5大学連合サマーセミナー併催- 』,盛岡,20119月10日

 

大平雅子「唾液ホルモンによる睡眠様態の理解」,『第14回精神神経内分泌免疫学(PNEI)研究会』,名古屋,20117月24日

 

大平雅子,須栗一路,野村収作.「唾液ホルモンによる睡眠様態の理解」,『日本生理人類学会第64回大会』,福岡,日本生理人類学会誌Vol. 16 特別号(1), pp.150-151, 20116月12日 (ポスター発表)

 

野村収作,大平雅子,野崎綾子,吉川泰生,佐藤利幸.「経皮的に採取した組織液を用いたストレスホルモンの評価」,『日本生理人類学会第64回大会』,福岡,日本生理人類学会誌, Vol.16 特別号(1), pp.160-161, 20116月12日 (ポスター発表)

 

大平雅子,戸田雅裕,笽島茂,馬小偉,森本兼曩.「将棋対局時におけるストレスホルモン変化に対する性格情動特性修飾作用」,『第81回日本衛生学会学術総会』,東京,日本衛生学雑誌, Vol.66(2), p.449, 20113月 (口頭発表)

 

戸田雅裕,田麗,大平雅子,森本兼曩.「太極拳運動による気分状態変化の検討」,『第26回日本ストレス学会学術総会』,福岡,学会誌ストレス科学Vol.25(2), p.162, 201011月 (ポスター発表)

 

森本兼曩, 中山邦夫, 田村美由紀, 大平雅子.「情動ストレスと包括的脳機能統御音楽による脳・内分泌反応制御」『第41回日本職業・環境アレルギー学会』,高崎,Vol.18, p25, 20107

 

大平雅子,戸田雅裕,森本兼曩.「ストレス情動動態反応とその予防医学的制御その2-将棋勝敗決定過程とストレス情動動態反応としての疲労-」,『第6回日本疲労学会総会・学術集会』,大阪,日本疲労学会誌, Vol.6(1), p.72, 20106月 (ポスター発表)

 

大平雅子,戸田雅裕,森本兼曩.「ストレス情動動態反応とその予防医学的制御1-将棋勝敗決定過程と性格情動交差反応-」,『第80回日本衛生学会学術総会』,仙台,日本衛生学雑誌, Vol.65(2), p.315, 20105月 (口頭発表)

 

長谷川雅子,戸田雅裕,森本兼曩.「将棋の対局が唾液中ストレスマーカーに及ぼす影響」,『第23回日本ストレス学会学術総会』,東京,学会誌ストレス科学, Vol.22(2), p.74, 200711月 (口頭発表)

 

長谷川雅子,戸田雅裕,森本兼曩.「勝敗体験がもたらすストレス反応の唾液情報論的評価」,『第14回日本免疫毒性学会学術大会』,神戸,講演要旨集, p.57, 20079月 (口頭発表)

 

佐々木和美, 野里直子, 小泉真理子, 安江正明, 佐見学, 大竹康之, 円城寺誠, 森本兼曩, 長谷川雅子. 「幸せの価値観による人の分類とタイプA行動様式との関係」, 『第77回日本衛生学会学術総会』, 日本衛生学雑誌, Vol.62(2), p.548, 20073

 

高野敏行,猪俣伸幸,伊藤雅信,近藤るみ,難波紀子,長谷川雅子,大島未来,井上寛.「環境変動の集団の遺伝構造への影響」,『第52回日本生態学会大会』,大阪,日本生態学会大会講演要旨集, Vol.52,  p.103, 20053

 

 

受賞

井澤修平,吉田怜楠,大平雅子,山口歩,野村収作:爪に含まれるコルチゾールの定量方法の検討,2017年度日本生理心理学会優秀論文賞(2018年5月)

 

Hasegawa-Ohira M, Kato Y, Nomura S.:Effects of LED lighting exposure during sleep on endocrine and autonomic nervous system activity,生体医工学シンポジウム2017 ポスターアワード(2017年9月)

 

Health Science Lab(代表:大平雅子):就寝環境デザインで未病ケア,第2回滋賀テックグランプリ,リバネス賞(2017年7月)

 

大平雅子,Fang Jang,小林岳海,市橋拓郎,野村収作:昼寝時における唾液中性化学物質濃度の変動,第25回日本睡眠環境学会学術大会 優秀発表賞(2016年9月)

 

Hasegawa-Ohira M, Suguri K, Nomura S:The dehydroepiandrosterone awakening response as a possible index of subjective sleep quality, 生体医工学シンポジウム ベストリサーチアワード(2016年9月)

 

大平雅子滋賀大学職員表彰「学長賞」(2014年3月)

大平雅子,須栗一路,野村収作:睡眠時における唾液中生化学物質の変動と心理指標との関連,LIFE2013 若手プレゼンテーション賞(20139月)

 

大平雅子,正田理沙子:子どもの睡眠様態評価に関する予備研究,第60回近畿学校保健学会学会賞(2013年7月)

 

野村収作,大平雅子,吉川泰生,佐藤利幸:微細針技術によるストレス関連ホルモンの経皮的評価, 第28回日本ストレス学会奨励賞(高田賞)(2012年11月) 

 

 

 

研究助成

競争的資金獲得(外部グラント)

第44回(平成30年度)日本健康開発財団研究助成

「運動後の入浴方法の違いが睡眠の質や翌日の疲労感に及ぼす影響」

 

エディテージ研究費 海外出張グラント

「幼児における起床時のホルモン分泌を用いた睡眠評価手法の開発」

 

科学研究費助成事業若手研究

2018年度‐2019年度

幼児における起床時のホルモン分泌を用いた睡眠評価手法の開発

 

科学研究費助成事業基盤研究(B)

2018年度‐2020年度 分担研究者

生体リズムに同期した環境刺激による生理的効能の探求-入眠・起床時における効能

 

科学研究費助成事業基盤研究(B)

2018年度‐2022年度 分担研究者

子どもの精神病リスク早期スクリーニング・システム運用検証とリスク介入戦略の構築

 

科学研究費助成事業基盤研究(C)

2018年度‐2021年度 分担研究者

AIによる、教育と医療で共有可能なADHDスクリーニング及び治療適正化方法の開発

 

公益財団法人 精神・神経科学振興財団 睡眠健康推進機構 学術研究助成

「クーリングダウンの実施が睡眠中の成長ホルモン分泌に及ぼす影響」

 

科学研究費助成事業基盤研究(A)

2017年度‐2020年度 分担研究者

生理機能に基づくレビー小体型認知症早期診断ウェアラブルデバイスの開発

 

B科学研究費助成事業基盤研究(C)

2017年度‐2020年度 分担研究者

学校教育における睡眠教育指導者養成プログラムの新規開発と評価

 

財団法人 デサントスポーツ科学振興財団 平成29年度学術研究

「運動後のセルフマッサージ介入が「睡眠の質」に及ぼす影響評価」

 

公益財団法人 発達科学研究教育センター「平成28年度 発達科学研究教育奨励賞」 

「乳幼児の日中活動量が唾液中および尿中のホルモン分泌に及ぼす影響」

 

公益財団法人 福田記念医療技術振興財団 国際交流助成

23rd Congress of the European Sleep Research Society  

Association between variations in salivary cortisol secretion during sleep and subjective daytime sleepiness

 

科学研究費助成事業基盤研究(B)

2015年度‒2017年度 分担研究者

短時間でも質の高い睡眠を実現するための環境刺激「引き込み制御」システムの実証

 

科学研究費助成事業挑戦的萌芽研究

2014年度-2015年度

唾液中のホルモン分泌を用いた乳幼児のための睡眠指標の開発

 

第2回研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)  フィージビリティスタディ・ステージ 探索タイプ 

2012年度―2013年度

「良い入眠・起床を促すLED照明環境の開発」

 

公共財団法人ひと・健康・未来研究財団研究助成 

2012年度―2014年度

「唾液バイオマーカーを用いた教員のメンタルヘルスの統合的評価研究」 

 

科学研究費助成事業若手研究(B)  

2012年度-2013年度  

唾液バイオマーカーによる香り刺激が睡眠時に心身へもたらす影響評価

 

 

競争的資金獲得(所属機関内グラント)

平成29年度 教育学部・学部プロジェクト研究経費

<共同研究者>

宮本結佳(滋賀大学教育学部)

「毛髪バイオマーカーを用いた外国人留学生のストレス評価」

 

平成28年度 教育学部・学部プロジェクト研究経費

 <共同研究者>

松崎有純(附属小養護教諭)・辻延浩(滋賀大学教育学部)

「科学的な知見に基づいた香育プログラムの開発」

 

平成28年度 研究推進プログラム

「光・音・香り刺激による就寝環境制御が睡眠時のホルモン分泌に及ぼす影響評価」

 

平成27年度・平成28年度 環境総合研究センタープロジェクト研究

<共同研究者>

宮本結佳(滋賀大学教育学部)

「社会的養護を必要とする児童が自由なキャリア選択をできる環境整備に向けて」

 

平成27年度 教育学部・学部プロジェクト研究経費

 <共同研究者>

松崎有純(附属小養護教諭)・藤本理沙子(附属中養護教諭)・山本祐美(附属特支養護教諭)

荒川響子(附属幼稚園養護教諭)・平井肇(附属中校長)

「科学的な知見に基づいた香育プログラムの開発」

 

平成27年度 研究推進プログラム「基盤研究助成」

「音楽は入眠を促すことができるのか?―唾液中のホルモンを用いた客観的評価による試み―」

 

平成26年度 教育学部・学部プロジェクト研究経費

「教員志望の学生に必要な学校保健基礎知識関する研究」

 

平成26年度 研究推進プログラム「科研費連動型研究助成」

「起床時のホルモン分泌を適正化するための香り環境の創成」

 

平成26年度 環境総合研究センタープロジェクト研究

<共同研究者>

宮本結佳(滋賀大学環境総合センター)

「学校と地域社会が協働した児童虐待防止対策ネットワーク構築の環境整備に向けて」

 

平成25年度 研究推進プログラム「基盤研究助成」

「子どもの睡眠実態調査による『睡眠の質』評価手法の確立」

 

平成24年度 教育学部・学部プロジェクト研究経費

<共同研究者>

松崎有純(附属小養護教諭)・正田理沙子(附属中養護教諭)・宮尾ゆい(附属特別支援養護教諭)

「客観的指標を用いた教員のメンタルヘルス評価に関する予備研究」

 

平成24年度 滋賀大学教育研究支援基金支援事業(女性研究者教育研究助成)  

「唾液バイオマーカーによる子どもの睡眠様態評価に関する予備研究」