News & information

 

▶2019年7月8日 ウェルネスツーリズムプロデューサー養成講座の申込が始まりました

 

滋賀大学では、滋賀大学ウェルネスツーリズムプロデューサー養成講座2019を開催します。

 

期間:2019年9月~2020年2月まで

会場:滋賀大学大津サテライトプラザ他

 

また、大平が講義セッション「ウェルネスツーリズムに対する地域のポテンシャルを知る」(10月3日)で、「運動や瞑想と健康」の講師を担当します。

 

尚、申し込み方法や詳細については、上記のリンク先をご覧ください。

多数の申し込みをお待ちしております。

 

 

▶2019年7月6日 大学院生が第66回近畿学校保健学会に参加・発表してきました

 

M2 五十棲計さんが第66回近畿学校保健学会で口頭発表をしました。

 

演題名:葛藤場面における傍観者の行動決定要因についての検討

発表者:五十棲計、大平雅子

 

 

 

 

 

▶2019年6月28日 日本睡眠学会第44回定期学術集会に参加・発表してきました

演題:目覚まし音の違いが覚醒度および覚醒後の持続的な注意力に及ぼす影響

発表者:大平雅子、朝倉大晟

 

尚、上記の演題は、ゼミ6期生の朝倉さんの卒論の一部をまとめたものになります。

 

▶2019年6月12日 滋賀大学教育学部附属幼稚園で保護者講演会の講師をしました

滋賀大学教育学部附属幼稚園の育宝会主催の保護者講演会で「子どもの健康を育むための生活づくり」という題で、講演をさせていただきました。

多くの保護者の方にお集まりいただき、非常に熱心な感想をたくさんいただきました。

 

▶2019年6月7日 デサントスポーツ科学に研究報告が掲載されました

先日発行されたデサントスポーツ科学 40巻に、高強度・短時間インターバル運動後のセルフマッサージが、その後の睡眠に及ぼす影響を検証した研究報告が掲載されました。

この研究報告は、財団法人デサントスポーツ科学振興財団より平成29年度学術研究として採択された助成金で実施をした研究の成果になります。

 

研究報告題目:運動後のセルフマッサージ介入が「睡眠の質」に及ぼす影響評価

 

▶2019年6月1日 IEEJ TEEEに論文が掲載されました

先日発行されたIEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering 14巻6号に、睡眠中の低照度の光曝露が内分泌系や自律神経系に及ぼす影響評価に関する論文が掲載されました。

 

論文題目: Effects of LED lighting exposure during sleep on endocrine and autonomic nervous system activity

 

▶2019年5月17日 学校保健Ⅰの講義でスポーツマッサージの演習を行ないました

昨年に引き続き、学校保健Ⅰ(学校安全及び救急処置を含む。)の講義で、ゲストスピーカーを招いてスポーツマッサージの演習を行ないました。

 

学校保健Ⅰでは、学校保健の中でも健康把握・救急処置・フィジカルアセスメントなどのより実践的な知識についての理解を深めることが出来るような講義計画を立てています。

 

身体のアライメントを整えることが傷害の防止に繋がることについて講義で説明していただいた後、実際に受講生同士でモデルになる「相モデル」で演習を行ないました。

 

今年度も、フットケアを中心に教えていただきましたが、今後は学生のニーズに合わせて、演習の内容についても検討を進めていく予定です。

 

▶2019年4月15日 新メンバー加入(HP更新)

新年度になり、B3 6名とM1 1名が加入しましたので、Membersを更新しました。

昨年度の業績一覧を全てProfileに更新しました。

 

昨年度も、多くの学校から保護者や児童・生徒向けの講師依頼をいただきました!

これまでの講演名等は、講義&講演の記録からご確認いただけます。

 

尚、講師・講演依頼はメールもしくは電話でお願い致します。