News & information

 

▶2017年9月12日 日本生理人類学会誌に論文が掲載されました

 

先日発行された日本生理人類学会誌22巻3号に、毛髪を用いたストレスバイオマーカー分析に関する論文が掲載されました。

 

論文題目: 毛髪に含まれるストレスバイオマーカー抽出量に及ぼす抽出時間 および粉砕手法の影響

 

▶2017年7月21日 第2回滋賀テックグランプリで企業賞を受賞しました

 

2017年7月15日(土)に、滋賀テックプラングランプリ最終選考会が開催されました。

 

当日は、他8チームのファイナリストとビジネスプランのプレゼンテーションを行いました。

 

パートナー企業およびコンソーシアム構成機関による審査の結果、本研究室の「就寝環境デザインで未病ケア」が企業賞(リバネス賞)を受賞しました(写真は公式HPより)。

 

▶2017年7月3日 大学院生2名が第64回近畿学校保健学会に参加・発表してきました

 

演題:在日中国系留学生におけるストレス要因が精神健康度、睡眠健康度に及ぼす影響

発表者:涂静怡、宮本結佳、大平雅子

 

演題:社会的養護を必要とする者の進路選択の要因分析―聞き取り調査から―

発表者:岡田駿平、宮本結佳、大平雅子

 

▶2017年6月30日 滋賀テックプラングランプリのファイナリストに選出されました

 

滋賀県内外の大学・事業者24チームの中、ファイナリスト9チームに選出されました。

2017年7月15日(土)(びわ湖大津プリンスホテル)の最終選考会に参加します。

 

▶2017年6月29日 日本睡眠学会第42回定期学術集会に参加・発表してきました

 

演題:短時間仮眠前の音楽聴取が仮眠の質に及ぼす影響

発表者:大平雅子、丸茂亜美

 

なお、上記の演題は、ゼミ4期生の丸茂さんの卒論の一部をまとめたものになります。

 

▶2017年6月26日 日本生理人類学会誌に投稿していた論文が採択されました

▶2017年6月17日 草津市みのり保育園で両親講座の講師をしました

▶2017年6月8日 デサントスポーツ科学振興財団研究助成に採択されました

 

デサントスポーツ科学振興財団研究助成に採択されました。

 

当財団はスポーツ関連科学に関する学術の研究を奨励・援助されており、今回は「運動後のセルフマッサージ介入が「睡眠の質」に及ぼす影響評価」という課題に助成をいただけることになりました。

 

 

▶2017年5月13日 滋賀県子育て学会主催【子どもに関わる若手専門家のためのワークショップ】を開催しました

 

滋賀大学大津サテライトプラザにて、

①子どもの発熱について考えよう

②子どもの睡眠について考えよう

をテーマにワークショップを開催しました。

 

定員を超えて、40名以上もの方がご参加下さいました。ありがとうございました。

 

次回は、12月に第2回学会総会を開催予定です。

 

 

▶2017年4月1日 新メンバーが加入(HP更新)

 

新年度になり、新B3が加入しましたので、Membersを更新しました。

また、昨年度の業績一覧を全てProfileに更新しました。