News & information

 

▶2018年5月1日 第2回Child Expert Academyの申し込みを開始しました

 昨年に引き続き、第2回Child Expert Academy(子どもに関わる若手専門家のためのワークショップ)を開催します。

 

日時:2018年6月3日(日)10:00~13:00

会場:大学サテライト・プラザ彦根

対象:子どもに関わる専門職員

 

今年度は、昨年要望の多かった「体づくり」と「栄養」についてをテーマとして、若手を対象とした少人数のワークショップを行ないます。

 

今回は、会場の都合上、定員(24名)に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。

尚、申し込み方法や詳細については、以下のページをご覧下さい。

 

休日の開催にはなりますが、多数のご参加をお待ちしております。

 

 

▶2018年4月20日 そめいゆに研究室の紹介記事が掲載されました

 

日本睡眠環境学会が発刊している「そめいゆ Vol.18」に研究室の紹介記事が掲載されました。

 

施設訪問のコーナーで、実験室の写真や研究室で取り組んでいる研究テーマ等を、紹介していただいています。

 

 

▶2018年4月17日 エディテージ研究費 海外出張グラントに採択されました

2017年度 第2回 エディテージ研究費 海外出張グラントに採択されました。

 

若手研究者応援コミュニティ「エディテージ・エッジ」は、これからの日本の基礎研究の支え手となる若手研究者個人を対象にした様々な種類の研究助成金を給付しています。独自の新しい研究アイディアを進め、国際発信していきたい若手研究者を募集しており、今回は国際学会への参加・渡航費用を援助いただけることになりました。

 

研究テーマ:幼児における起床時のホルモン分泌を用いた睡眠評価手法の開発

 

国際学会:24TH CONGRESS OF THE EUROPEAN SLEEP RESEARCH SOCIETY(開催地:スイス)

講演発表名:Influence of Daytime Activity on Hormone Secretion in Saliva after Awakening in Infants

 

▶2018年4月12日 科研費に新規採択されました

本年度は、以下の4つの科研費が新規に採択されました。

 

科学研究費助成事業若手研究

2018年度‐2019年度 研究代表者

「幼児における起床時のホルモン分泌を用いた睡眠評価手法の開発」

 

科学研究費助成事業基盤研究(B)

2018年度‐2020年度 分担研究者(代表:野村収作)

「生体リズムに同期した環境刺激による生理的効能の探求-入眠・起床時における効能」

 

科学研究費助成事業基盤研究(B)

2018年度‐2022年度 分担研究者(代表:濱崎由紀子)

「子どもの精神病リスク早期スクリーニング・システム運用検証とリスク介入戦略の構築」

 

科学研究費助成事業基盤研究(C)

2018年度‐2021年度 分担研究者(代表:阪上由子)

「AIによる、教育と医療で共有可能なADHDスクリーニング及び治療適正化方法の開発」

 

尚、代表者分の科研費は、挑戦的萌芽研究「唾液中のホルモン分泌を用いた乳幼児のための睡眠指標の開発」の続きになります。

 

▶2018年4月5日 incu・beにインタビューが掲載されました

 

研究キャリア応援マガジン「incu・be」2018.春号 vol.40(株式会社リバネス)にインタビュー記事が掲載されました。

 

「incu・be」は、自らの未来に向かって主体的に考え行動する若手研究者を、企業・大学ともに応援する雑誌です。

 

インタビューは、「探しに行こう、自分の場所」というコーナーに掲載されており、なぜ教育学部に行き着いたのかという進路選択の経緯や研究へのモチベーション、今後どういった研究を進めていきたいかを、ご紹介いただいています。

 

「incu・be」は、全国の理工系大学・大学院の学生課・就職課・キャリアセンター等に設置されている他、Amazonや全国書店でもお買い求めいただけます。

 

▶2018年4月1日 新メンバー加入(HP更新)

 

新年度になり、新B3が加入しましたので、Membersを更新しました。

 

▶2018年3月22日 HP更新

 

今年度の業績一覧を全てProfileに更新しました。

 

今年度は、多くの学校から保護者や児童・生徒向けの講師依頼をいただきました!

これまでの講演名等は、講義&講演の記録からご確認いただけます。

 

尚、講師・講演依頼はメールもしくは電話でお願い致します。